top of page

音楽を感じる絵本

今月から、運営メンバーが1ヶ月ごとに交代でブログを担当することになりました。

6月は東谷悠子さんです。


ーーーーーーーーーーーーーーーー


最近の、心がわくわくした話をひとつ。

私、絵本の読み聞かせと即興演奏のパフォーマンスを、夫婦でやっているのですが、よく使う絵本の中で、「ぽんちんぱん」(柿木原政広 作・福音館書店)という、絵本があります。

『ぱんぱん しょくぱん ぽんちんぱん』と、とてもリズミカルな言葉でお馴染みのパンが出てきます。

私たちは【ビート】にフォーカスして、この絵本を読んでいました。歩くくらいの穏やかな早さです。

それが、つい先日、全く別の解釈で読まれている方がいらっしゃったのです!

昨年から交流させていただいているリトミシャンの方なのですが、その方は絵本の言葉に【アナクルーシス&クルーシス】を感じて、読むスピードもとても速い!!

「えっ………!?あっ!こんな解釈もあるんだ!」とびっくり&わくわくしてしまいました。


言葉から感じる音楽は、一種類ではないのだなぁと、気づかされました。

絵本は、読み手によってその表現が異なりますから、何が正解というものがないのも、おもしろさの一つだと思います。

みなさんは、暮らしの中で感じる音楽、何かあるでしょうか?

ふっと見つかると、ちょっと楽しくなりますね♪

東谷悠子



Comments


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
bottom of page